HOME > お墓のQ&A > 霊園・墓地用語集

霊園・墓地用語集

お墓についてお調べになっていると、普段聞きなれない言葉や仏教用語が多く見受けられると思います。
こちらでは、霊園選びや墓地の購入の際に、お役立ていただける用語をまとめましたので、どうぞご参考ください。

入檀

一定の寺に属し、檀家になることをいいます。

檀家

寺に属し、寺の維持を助ける信者の家のことを「檀家」といいます。

永代供養墓

代々続いているお墓に永代管理・供養をお願いする形ではなく、初めから永代管理・供養を行うことを約束して、販売されるお墓のことを「永代供養墓」といいます。

永代使用権

お墓を購入するということは、正確には「永代使用権」を取得するということになります。 宅地分譲のように土地そのものの売買ではなく、永代にわたる権利として、墓地の使用権が認められるということ。 一般的に使用権は、子々孫々まで受け継がれていくことになります。

カロート

故人の大切なご遺骨を納める納骨室(棺)のことを「カロート」といいます。関東地方、九州地方では、この納骨室に骨壷のまま納骨することが多いようですが、関西では、底に土を敷き、お骨を骨壷から納骨袋に移し変えて「土に還す」形をとります。

寿陵

生前に建てるお墓を「寿陵」、あるいは「寿墓」、「逆修墓」ともいいます。 最近は、こうした生前墓を用意する方が増えています。

埋葬・埋蔵・収蔵

埋葬とはご遺体を土中に葬ること、埋蔵とは焼骨を墳墓に納めること、収蔵とは焼骨を納骨堂に収めることを言います。

改葬

埋葬したご遺体や収蔵・埋蔵した焼骨を、他の墳墓・納骨堂に移すことを改葬といいます。 いわば、お墓のお引越しですが、 市区町村長の許可が必要になります。

承継

墓地を受け継ぐ場合は、継承とはいわず「承継」と呼びます。

無縁墓

お墓を守る人が絶えてしまった墓地のこと。

卒塔婆(そとば)

死者の供養のために、墓石の後ろに立てる細長い板のこと。お釈迦様の遺骨(舎利)を納めた仏舎利塔を梵語(サンスクリット語)でストゥーパといい、「卒塔婆」はその梵語に漢字をあてはめたもの。 ストゥーパを建築様式に移したものが五重塔で、板の形にしたのが卒塔婆です。 塔婆を建てることは、仏教に帰依するという意味があります。

期限付き墓地

使用期限を設けたお墓です。 期限を迎えた際に承継者がいないと、合葬墓に移されますが、再契約も可能です。墓地を再利用することで墓地不足を解消するのが、ひとつのねらいになっています。

墓埋法

昭和23年に制定された「墓地埋葬等に関する法律」のこと。 公衆衛生その他公共の福祉の観点から、墓地、納骨堂または火葬場の管理運営などについて規定してあります。平成11年に施行規則が大幅に改正されました。

五月山永楽霊苑

〒563-0011 大阪府池田市伏尾町74番10号
Tel:072-753-0816 Fax:072-753-0889

アクセスマップ開苑時間 9:00〜17:00 休苑日 水曜日

お問い合わせ・ご予約

ページの先頭へ