HOME > お墓のQ&A > お墓の種類

お墓の種類

お墓は故人の冥福を祈り、幸せを願うもの。近年人々の墓石に対する意識も多様化しており、これまでの定番であった和型のほかにも、様々な種類の墓石を目にすることができます。お墓の形やデザインも、故人やご家族の意志を反映させてご検討ください。

和型墓地

和型墓

江戸時代中期頃から使用されてきた角柱塔型の石碑です。基本的には、台石を2つ重ねた上に細長い石が乗ります。和型墓石は仏舎利塔(ストゥーバ)や五輪塔を意味。下から順番に芝石(下台石)、中台石、上台石、竿石と呼ばれています。一般的な「基本形」から「神式(神徒墓)」、「五輪塔」などがあります。

洋型墓地

洋型墓

芝生の上に台石が敷かれ、その上に横長の石が置かれる洋型。以前は、横長の石の前面だけを斜めにカットした単純なスタイルがほとんどでしたが、近年はオルガン型、プレート型など様々な形が増え、地に根付いた安定感のある墓石とデザインの斬新さから人気が高まっているスタイルです。明るめの石を用い、開放的なお墓を演出できます。

ニューデザイン墓

ニューデザイン墓

和型と洋墓が合わさったような落ち着いたデザインのものから、斬新なスタイルまで多様なデザイン墓。故人の様々な想いを形にしたもの、お花の彫刻を施したものなど、形式や固定観念に捉われない個性的で現代風なデザインが注目を集めています。子孫が代々そのお墓を引き継ぐような場合は、家族や親類と十分に話合って決めるのがよいでしょう。

ニューデザイン墓については、当苑でもデザインを承っております。これまでの制作例は、お墓ギャラリーでご覧ください。

五月山永楽霊苑

〒563-0011 大阪府池田市伏尾町74番10号
Tel:072-753-0816 Fax:072-753-0889

アクセスマップ開苑時間 9:00〜17:00 休苑日 水曜日

お問い合わせ・ご予約

ページの先頭へ